お問い合わせは 03-6433-5075

節税以上にあなたの手元にお金を残すしくみを提供します!

教育資金口座からの払出し方法

渋谷から5分の税理士・会計事務所、
フューチャリング渋谷です。

本日は、教育資金口座からの払出し方法についてお話したいと思います。


一般社団法人信託協会によれば、平成27年9月末現在の「教育資金贈与信託」の契約数(累計)は
141,655件(信託財産設定額・累計9,639億円)となっているそうです。

この信託財産設定額9,639億円のうち、すでに1,205億円が教育関連費用として払出しされたそうです。

1,205億円相当の金額が教育に消費されるとともに、贈与を受けた親権者の世帯の家計に
余裕ができたと思えば、その効果は大きなものといえます。



信託に限らず、銀行・証券口座に「教育資金」の贈与税非課税口座を作った場合の
教育資金の払出しは、どちらも取引金融機関の営業所等に領収書等を提出する方法で行われます。


この領収書等の提出方法は、次の2つの方法から選択することができます。

なお、提出方法を選択した後は、その後において変更を行うことができません。

①教育資金を支払う都度提出する方法

 期限・・・領収書記載の年月日から1年を経過する日まで

②1年分をまとめて提出する方法

 期限・・・支払年の翌年3月15日まで


①の教育資金等を支払う都度提出する方法では、教育資金を支払った後に
教育資金等の口座から払い出すという順番となります。

②の1年分をまとめて提出する方法では、「教育資金の支払い」と「口座からの払出し」の
時期の前後は問わないこととなっています。



ここで、②の1年分をまとめて提出する方法の場合、「その年中に払い出した金銭の合計額」が、
「提出された領収書等の金額の合計額」を超える時は、取扱金融機関が記録する教育資金支出額は、
「その領収書等の金額の合計額」が限度となります。


例えば、受贈者が12月に金銭の払出しを行ない、その金銭を1月に教育資金の支払いに充てたとします。

その場合には、金銭の払出年と領収書等に記載された支払年が同一年中とならないことから、
その領収書等を3月15日までに提出したとしても、12 月に払い出した金銭はそれに見合う
同一年中の領収書等の金額がなく、教育資金支出額として記録されないこととなるため注意が必要です。

〒150-0002
東京都渋谷区渋谷1−1−16 若草ビルB館4階

会社設立、記帳代行、税務顧問を低価格で提供。渋谷・渋谷区で税理士・会計事務所をお探しの方、フューチャリング渋谷にお任せ下さい。

Copyright © 2007-2014 future-ing.net All rights reserved.

【対応地域】渋谷・渋谷区など東京23区
【税理士業務】会社設立|記帳代行|税務顧問|確定申告|起業|セカンドオピニオン